汎用粒体研削試験機 DG-5
ダイヤモンドロールの回転により被検体の表面を研削する試験機
特徴
ダイヤモンドロールを使用することにより研削性の劣化が起こりにくく、
試験の均一性を保つことができます。
研削ダストは集塵機により回収可能となっています、
モータ(インバータ制御)、バイブレータフィーダ(振動・振幅可変)、
押しバネ式可変圧力板により条件を自由に設定することができます。

仕様
フィーダ バイブレータ式
駆動モータ  3.7KW4P200V(インバータ制御)
集塵機 0.4KW 

オプション
温度測定機能ー被検体の研削時の温度を測定します
送風冷却機能ー被検体が温度上昇により研削性が低下する物質で
           ある場合、送風により温度上昇を抑えます
送水(霧)機能ー上記送風に霧を加えることで更に冷却効果を高め、
           静電気も抑えます

用途
ABS等樹脂製品

研削可能な形状
3〜10o大のペレット状の物
flow へのリンク
【研削前】
【研削後】
株式会社クリキ
〒649-6321 和歌山県和歌山市布施屋559番地
TEL 073-465-2501 FAX 073-477-4265
Copyright2007,"kuriki".All rights reserved
サイトマップ
カタログ請求
お問い合わせ
製品情報
ホーム
汎用粒体研削試験機 DDGのページへ